谷村さん

chasen の出力結果(形態素の集合)を出現頻度に従ってソートするプログラムが完成。メモリ解放処理がなされているか不安だが・・・。次の課題は,出力結果のうち,上位の何パーセントを用いて特徴ベクトルとするかの検討。